読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠中の食事制限がつらい!イライラ妊婦のためのストレス解消法

妊娠中の体重増加を抑えるためにつらい食事制限をさせられている妊婦のためのストレス解消法を提案しています。

妊娠中の食事制限で甘いものが食べれないストレスを解消する5つの方法

現在、妊娠中で食事制限をしている方、好きなものが食べれないストレスで、毎日イライラしていませんか?

 

確かに妊娠中、体重が増えすぎてしまうと、母体に支障をきたしてしまうことがあります。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった症状になってしまうと、母体、胎児に悪影響がでてしまいます。

 

ただ、逆に食事制限によって体重を気にしすぎてしまい、毎日イライラしてストレスを感じてしまうのもよくないです。

 

ストレスは体内の血管を収縮させると言われていて、これによって血圧があがり食事制限して体重増加を抑えているのにもかかわらず、妊娠高血圧症候群になってしまうこともあります。

また胎児には、ストレスによって酸素や栄養の供給が滞ってしまい、成長が遅れてしまう可能性も考えられます。

 

ですので、食事制限をしてくださいと医師に言われても、食事制限することでストレスを感じるようであれば、無理に制限することはないと思います。

食事制限とストレスは、バランスを保って行っていくことが好ましいでしょう。

 

妊娠中にできるストレス解消法

妊娠中というのは赤ちゃんがおなかにいるので、ストレス解消のためにお酒を飲む、暴飲暴食をする、デパートでショッピングをするといったことができなくなります。

ここでは妊婦ならではのストレス解消法を紹介したいと思います。

 

ウォーキング

よく言われることですが、適度な運動が好ましいです。その中でも、有酸素運動の定番であるウォーキングは、妊婦のストレス解消にはもってこいの運動です。

あまり楽しいものではないですが、体に負担がかからない程度でリフレッシュできる運動はウォーキングが一番です。

 

マタニティヨガ

ヨガを経験したことがある人はどういうことをするのかわかるかと思いますが、妊婦でもできるようにしたのがマタニティヨガです。

要は体に負担がかからない程度に、ストレッチをしたり筋肉をほぐしたり呼吸法を行ったりするのがマタニティヨガです。

 

マタニティヨガを行うことによって、むくみやこむら返り、冷え、ストレス、体重増加といった妊娠中にありがちなトラブルをケアできるとともに、精神的にリラックスができるので、日頃のストレス解消にもなります。

 

友達とお茶をしながらおしゃべり

友達を自宅に呼んで、お茶をしながらおしゃべりをすることはとてもストレス解消になります。

自分の今の悩みを聞いてもらったり、楽しい話をすることで気分転換になります。

たまにはカフェに行って気分転換するのもよいでしょうね。

 

笑う

笑うことがとてもストレス解消になると聞いたことがあるでしょう。お笑い番組が低俗だという人もいますが、あれはあれでなくてはならないものなのです。

人間は笑うと免疫機能が30%アップすると言われています。そして副交感神経が刺激されて血行促進や緊張をほぐす効果があります。

 

好きな芸人のDVDを借りてきてもいいですし、今でしたらYOUTUBEでいくらでもコント、漫才を見ることができます。

ストレスをためこんでいる人ほど、笑うことがとても大事ですよ。

 

好きなものを食べるのが一番のストレス解消

ストレスが溜まってイライラしている状態というのは、自律神経である交感神経が働いている状態といえます。

この状態を鎮めるには、副交感神経が活発になる必要があるのですが、この副交感神経を活動的にするには、なによりも美味しいものをおなかいっぱい食べることなのです。

 

美味しいものを食べた後というのは、気持ちが満たされた気分になりますよね。それがストレスを解消するのに一番なのです。

でも今は、大事な赤ちゃんがいる妊婦。そんなことができないからストレスがたまるんでしょ!と言われそうですが。

 

もちろんそれもわかりますが、たまには好きなものをおなかいっぱい食べてもいいんじゃないでしょうか。一週間に一回と決めて、この日は自分の好きなものをお腹いっぱい食べる、と決めれば、それが目標となって日頃、食事制限することも我慢できるでしょう。

 

でも、おもいっきり食べてしまって罪悪感になってしまうのは、本末転倒です。せっかくおいしいものを食べて満足をすることでストレス解消をしようとしているのに、食べた後、罪悪感になっていたら意味がないです。

 

糖質、脂質の吸収を抑えるサプリメント

それでも罪悪感を感じてしまうようでしたら、食べたものの糖質、脂質の吸収を抑えるサプリメントなどを活用するといいですよ。

これは、例えばケーキを食べたとき、ケーキに含まれている糖質の吸収を半分にカットできるというもので、食べる量は変わらないのに、体内に吸収するカロリーを調整することができます。

 

もちろんこのサプリメントを飲めばいくらでも甘い物、脂っこいものが食べれる、という考えではなく、あくまでも好きなものを食べたときに罪悪感にならないようにするために飲む、という活用方法がいいでしょう。

糖質、脂質の吸収をカットすることができるサプリメントについて詳しく知りたい方は、こちらのホームページをご覧ください。

【機能性素材のスーパーフード】で憧れの、「食べても後悔しない系」へ